Sample Company

Youtubeで稼ぐ方法

はじめに

このページでは、YouTubeでの稼ぎ方と、その仕組みについて、説明していきます。

YouTubeは、2006年にペイパルの従業員によって作られた、動画配信サイトです。

同年12月にGoogleによって買収され、当初は様々な違法ダウンロードや裁判問題がありながらも、やがて解決しました。

巨大なサーバーを用意して、長い動画を無数にアップロードできるようになり、現在では世界最大級の動画配信サイトとなっています。

2011年4月から、グーグルアドセンスと連動した「YouTubeパートナープログラム」が実装され、一般人でも、動画で収益をあげられる仕組みが整いました。

動画の作成・投稿で稼ぐという場合には、YouTubeは一番無視できない媒体ですので、しっかり活用していきましょう。

YouTubeで稼ぐための準備

Youtubeで稼ぐには、以下のものが必要となります。

①Gmailアカウント(Google+アカウント)

②YouTubeチャンネル

③グーグルアドセンスアカウント

④銀行口座

まずは、グーグルのフリーのメールアドレスを持つことが、第一です。

Gmail開設後、グーグルプラスのアカウントをYouTubeにひもづけることで、YouTubeのチャンネルを開設できます。

YouTubeのチャンネルは、複数作ることもできます。

動画のジャンルによって、使い分けていくと良いでしょう。

後述の有料チャンネルを作る場合も、無料のチャンネルとは、分けたほうが良いでしょう。

チャンネルを作ることで、動画をアップする環境は完成です。

アップロードした動画を、万人に見せられる状態にもなっています。

一気にグーグルプラスやYouTubeチャンネルの、プロフィール・アイコン・絵などを設定する必要はありませんが、 潤沢なアクセス数を狙っていくなら、やがては充実させていきましょう。

動画の収益化には、グーグルアドセンスを使います。

グーグルアドセンスを使用した「YouTubeパートナープログラム」では、動画内に広告CMを導入します。

これによって、動画が再生されるだけで収益となる仕組みを作ることができます。

広告CMは、動画再生のたびに、YouTubeから毎回自動的に選択されるので、アフィリエイトのように、いちいち広告を貼り換える必要がないことが、メリットです。

平均で、1再生ごとに0.05円~0.1円の収益となります(10万再生で、5,000円~1万円程度となります)。

実際に広告がクリックされたり、チャンネルの知名度によっても、報酬は変わります。

Youtubeでグーグルアドセンスを利用するには、以下の2つの方法があります。

⑤正規のアドセンスを開設する

⑥Youtube限定のアドセンスを開設する

⑤の方法は、自分のブログをアドセンスの審査にだす、従来のもの。

⑥はYoutube限定で使えるアドセンスです。

ブログでもアドセンスを使いたいという方は、⑤の方法がオススメです。

しかし最低5~10記事程度を作りこんだブログが無いと、審査に受かりませんので、面倒な方は⑥の方法で、Youtube限定のアドセンスを作っていきましょう。

⑥の方法であれば、YouTubeで適当な動画を載せておくだけで、すぐにアドセンスアカウントを開設することができます。

なお、アドセンスアカウントの所有は、1人につき1つまでです。

複数所有は利用規約違反に該当しますので、注意しましょう。

YouTubeに複数チャンネルがある場合も、所有しているアドセンスアカウントをそのチャンネルごとに関連付けすれば、OKです。

また、グーグルアドセンスの年齢制限は18歳以上ですので、原則18歳未満は、YouTubeで稼ぐことはできません。

18歳未満の方が、どうしてもYouTubeで収益化を狙う場合は、保護者のアカウントを使う以外にはありませんので、ご注意下さい。

収益を受け取るためには、銀行口座が必要ですので、各自用意しましょう。

三菱東京UFJ銀行のような大手銀行でも、住信SBIネット銀行のようなネットバンクでも、何でも構いません。

有料チャンネルについて

YouTubeでは、月額課金・年額課金の有料チャンネルを設計することもできます。

これにより、閲覧者がお金を支払うことで、収益が発生します。

有料チャンネルの作成には条件がありますので、注意しましょう。

【YouTube有料チャンネル開設の条件】

①チャンネル登録者が1000人以上であること

②グーグルアドセンスの関連付けが済んでいること

③電話によるアカウント確認が済んでいること

元々あった無料チャンネルを有料にすることもできますが、どんどん登録者が解除されてしまいます。

基本的に有料チャンネルを作る場合は、新しいチャンネルで作りましょう。

またパートナープログラムの広告同様、18歳以上でないと、有料チャンネルは開設できませんので、注意しましょう。

アノテーションとカード

ニコニコ動画とは違い、YouTubeでは外部リンクの機能が発達しています。

とりわけ、動画内に文字リンクをうめこむ、アノテーション・カード機能が使えます。

カードは2015年3月に新しくできた機能で、基本的な役割は、アノテーション機能と変わりありません。

アノテーション機能のリンクは、スマートフォンでは表示されないので、それを補うために作られました。

①アノテーション → 貼り付ける場所、リンクの大きさ、表示時間が自由、ただしスマートフォンでは非表示

②カード → 場所、大きさは固定、スマートフォンでも表示される

スマートフォンのアクセスは今後も上昇していきますので、今後は基本的にカードを使っていくのが、オススメだと思います。

通常のウェブサイトへのリンクはもちろん、アフィリエイトとなる商品紹介リンク、寄付金の対象となるクラウドファンディングのリンク、 別動画への簡易リンク、自分以外のチャンネルなど、様々なリンクを盛り込めます。

その他YouTube独自の特徴

動画は、アップロード時に自動的に圧縮されます。

いちいち圧縮せずに動画を掲載できることが、メリットです。

ゲーム実況の収益化に関しては、任天堂が独自に「Nintendo Creators Program」と呼ばれる広告収益シェアサービスを開始。

こちらに登録することで、YouTubeに投稿されたゲーム実況動画の収益を、任天堂と分配することができます。

利用にはGoogleとPayPalのアカウントが必要になることに、注意しましょう。