Sample Company

写真で稼ぐ方法

はじめに

この方法は、写真を撮影して、それを売ることでお金を稼ぐ方法です。

現在はパソコンとインターネットを使えば、写真販売をあつかうウェブサイト「ストックフォトサービス」に登録(無料)することで、 プロだけでなくアマチュアでも、写真を販売することができるようになりました。

写真が売れた場合は、写真の値段のおよそ半分ほどが利益になります。

この方法で、アマチュアで月収40万円以上を稼いでる人もいます。

本格的にやれば、この副業だけで生活することもできるでしょう。

写真をたくさん撮影し、それを掲載していくことで、自己アピールもできますので、写真を撮影するのが好きな人だけでなく、 将来カメラマン志望の方にも、オススメの稼ぎ方です。

有料の写真に需要はあるのでしょうか?

現在は写真を含め、イラストやCGなど、あらゆる形式の絵が、無料の素材サイトで配布されています。

もちろん企業をはじめとして、多くのウェブサイトオーナーが、これらの無料素材サイトを利用しています。

しかしサイトにマッチした絵というのは、無料素材の範囲だと大雑把になり、限られてしまいます。

自分のサイトにマッチした、クオリティーの高い絵を探す場合は、有料の素材を利用したり、個別にオーダーしたりするのが基本です。

写真もそれは例外ではありません。

ですので、写真撮影で稼ぐ場合は、そうした細かいニーズに応えられるような、様々な写真をストックフォトサービスに掲載しておくことで、 利益を見込むことができます。

写真を撮影してお金を稼ぐ手順について

①どんな写真に需要があるのかを調べて、撮影プランを立てましょう。

②写真を撮影しましょう。

③ストックフォトサービス(ピクスタ等)に登録しましょう。

④写真をストックフォトサービスに掲載しましょう。

⑤買い手がつけば、自動的にお金が振り込まれます。

ストックフォトサービスに写真を登録したあとは、クライアントのアクション次第で、アフィリエイトのように、何もせずともお金が入っていきます。

オススメのストックフォトサービスには、以下のようなものがあります。

それぞれ無料で登録が可能です。

PIXTA(ピクスタ)

iStockphoto(アイストックフォト)

photolibrary(フォトライブラリ)

Fotolia(フォトリア)

写真撮影で稼ぐためのコツについて

①基本的に企業(法人)をターゲットにしましょう。

②どんな写真が求められているかを把握し、計画的に撮影しましょう。

③メジャーな写真よりも、マイナーでニッチな写真を狙いましょう。

④旅行先で珍しい風景や文化を撮影しましょう。

⑤喜怒哀楽がはっきり表に出ている人物の写真を撮影しましょう。

⑥1つの目標を成し遂げるために、団結した大人数の写真を撮影しましょう。

⑦ビフォー/アフターのセット写真を撮影しましょう。

⑧人物画像を撮影する場合、背景は質素にしておきましょう。

⑨写真の片側に、広告文章を入れるスペースを残しておきましょう。

⑩写真につけるタイトルや検索語は、ヒットしやすいものを選びましょう。

①技量よりも、どんな写真の需要があるのかを熟知することが大切です

ストックフォトサービスの良いところは、アマチュアでも出品可能だという点です。

カメラマンとしての技量や、CG加工の技術もあるに越したことはないですが、逆にプロの写真家に親しまれる技術というのは、 ウェブサイトの広告素材としてはあまり適さない、ということがあります。

これについては、モーションブラー(光を動かす効果)などの技術が典型です。

稼ぐための写真を撮影する上で重要になるのは、そうした技術ではなく、お客様が必要としている写真(分野やシチュエーションなど)を、 熟知しておくことが大切です。

しっかりと需要にあった写真を、前もって研究しておき、どのような写真を撮影するのか、利益が見込めるプランを立ててから、計画的に撮影していきましょう。

基本的には、写真を自サイトの広告に利用する法人を狙っていきましょう。

これは、個人運営のウェブサイトだと、ほとんど無料の素材サイトの写真で済ましてしまう人が多いためです。

②簡単には撮影できない、ユニークな写真を狙いましょう

ありきたりで、誰でも撮影できるような写真についても、ウェブサイトオーナーは、無料の素材サイトの方を使ってしまいます。

自分の写真を有料化するなら、ニッチな写真、マイナーな写真を狙った方が、買い手が付きます。

どんなものがユニークな写真かといえば、それこそ独創性が試されるので、一概には言えません。

自分の感性で、「これは珍しくて良い」と思うものを、企画していきましょう。

例えば、自然風景の写真もありふれているため、ただの山や海の写真では無意味です。

一方でその地方にしかないような風景、あるいは文化を撮影することで、その写真には希少価値が付きます。

その地域にしかない宗教行事や食べ物、飲み物、特殊な職業(陶芸など)に関係する写真等も有効です。

国内外問わず、旅行へ頻繁にいく人は有利と言えるでしょう。

③人物の入った写真の方が、買い手は付きます

売れる写真撮影では、一番基本的なことになりますが、法人利用を考慮するなら、単純な風景の写真よりも、人物が写っている写真のほうが、売れ行きは良いです。

ただし最近は人物写真素材も、無料で溢れ返っています。

売れる写真を考えていくのであれば、今後は「人物の写真+α」で狙っていく必要があるでしょう。

人物写真の中でも売れやすいものが、多くの人物が写った写真です。

これは企業が普通に大人数の写真を撮る場合、人件費の問題がでてくるためです。

ですのでストックフォトサービスで企業が求めているものは、大抵、大人数がまとまって写った集合写真です。

特に団体スポーツなどの写真の需要は、非常に高いです。

人脈のある方や、自分の家族が被写体になってもOKという方であれば、この大人数による写真撮影で稼ぐ方法は、非常に効果的です。

また喜怒哀楽の表情の変化をつけた人物写真や、人々のやりとりや生活感が、その一枚に滲み出ている写真も、評価が高いです。

これは広告の画像に表情があれば、閲覧者は感情移入をしやすいためです。

なお肖像権については、人物写真撮影で副業をする場合、一番重要なことがらになります。

誰かを撮影してそれを商品として出品する場合は、必ず被写体の人に許可をとりましょう。

④撮影していくジャンルの写真を定めておきましょう

特定の職業分野に限定して撮影していくのも、良い方法です。

写真を素材として使用する業種は、以下のような分野があります。

(a) 美容・健康・ダイエット系

(b) 医療・看護・病院系

(c) 資格・教育・学問系

(d) 建築・インテリア系

ダイエット系なら太っている人が、自分の腹部を気にして困っている様子の写真を、医療系なら、白衣やナース服の人が、 患者とやり取りをしている様子の写真を、といった感じです。

またこれら以外にも、単純に就職活動を連想させる、ビジネススーツを着た人物写真素材も、あらゆる会社から必要とされます。

⑤ビフォー/アフターの2枚セット写真を撮影しましょう

企業は広告に写真を使う場合、明確なシチュエーションを求めています。

特に最近、効果的な広告としてよく利用される写真素材は、ビフォー/アフターの2枚あわせの写真です。

ダイエット系でもよく、太っているときの状態(ビフォー)と、痩せているときの状態(アフター)で、2枚組にしてウェブサイト上で 写真広告が掲載されています。

例えば、会社の会議の風景なら、社員全員が悩んでいる時の表情、問題を解決した時の表情の写真をセットにしておくことで、 広告素材としての効果が高くなります。

全般的に、悲しんでいる、落ち込んでいるネガティブな写真と、喜んでいる、笑っているポジティブな写真をセットにして、 ストックフォトサービスに掲載すれば、成約率は高いと言えるでしょう。

⑥背景が被写体ではない写真の場合、背景は質素にしておきましょう

人物の表情が写真の主体の場合、背景は質素にしておきましょう。

背景がごちゃごちゃしていると、メインの人物が目立たなくなります。

⑦写真に、広告文章を掲載するスペースを確保しておきましょう

写真には、文字を入れる間隔(スペース)を空けておきましょう。

大抵、法人の場合は、写真を広告として利用しますので、広告の片隅に文章を入れる間隔が必要になります。

ですので、人物は片側に寄せて、もう片方には背景などを入れておくことで、文字を入れられるスペースを作っておきましょう。

⑧タイトルやキーワードを考えてから、写真を登録しましょう

ストックフォトサービスに写真を登録する際に、写真に付ける文字のタイトルや、キーワードも厳選しておきましょう。

この点はアフィリエイトにおける、ウェブサイト作成時のSEOと同じ考え方で良いでしょう。

検索されやすいワードを入れておきましょう。

迷う場合は、グーグルアドワーズのキーワードツールを使うと良いでしょう。