Sample Company

オンラインカジノで稼ぐ方法

はじめに

インターネット社会の現在では、わざわざラスベガスやマカオまで行かなくても、インターネット上のカジノで、自宅けら、お金を稼ぐことができます。

このページでは、オンラインカジノでお金を稼ぐ方法について、まとめています。

オンラインカジノとは?

オンラインカジノとは、インターネット上でお金賭けて、ゲームやくじをすることができる、ウェブサイトのことです。

もちろん、ゲームに勝利することで、お金を稼げます。

オンラインカジノは、あらゆるギャンブルの中でも、還元率が高いため、非常に効率が良いです。

戦術を試されるブラックジャックでは、年収1,000万円を稼いでいる方もいらっしゃいます。

また、スロットのジャックポットも、たくさんの方に当たっており、宝くじを行うよりは、高確率で一攫千金を狙うことができます。

最近では、スマートフォンで、遊ぶことのできるオンラインカジノも出てきており、隙間時間にカジノゲームを楽しめるようになりました。

ネット副業で、生活できるレベルまで稼ぎたい場合、オンラインカジノは、もってこいの稼ぎ方だと思います。

パチンコやギャンブル、そしてゲームが好きな方は、ぜひ、インターネット上のオンラインカジノで稼いでみましょう。

【オンラインカジノへの参加条件】

①成人していること。

②運転免許証、パスポート、住民基本台帳カードの、いずれかの身分証明書を準備できること。

③チップを購入するため、初期の入金(最低5万円程度)ができること。

オンラインカジノへの参加は、18歳以上であることが前提です。

また、「ネッテラー」というサービスを利用しますので、免許証など、本人確認書類を準備しておきましょう。

そして、カジノへの初期投資として、5万円程度あると良いでしょう。

オンラインカジノ自体への登録は、無料で実施できます(年会費などもありません)。

無料プレイと有料プレイが選択できますが、お金を稼ぎたいならば、有料プレイを選択しましょう。

ただし、カジノゲームのルールを覚えることが目的の場合は、無料プレイで良いでしょう。

ブラックジャックやバカラなど、カジノゲームのルールが分からない方は、ルールブックを読むよりも、実際にプレイされて、慣れた方が、早いと思います。

各オンラインカジノの無料プレイで練習すると良いでしょう。

オンラインカジノで、お金を稼ぐ手順について

①オンラインカジノのサイト(ベラジョンカジノ等)へ行く。

②ソフトをダウンロードし、個人情報を記載して、IDを作成する。

③ネッテラーで、口座を開設する。

④ネッテラーを介して入金後、チップを購入する。

⑤カジノゲームをプレイする。

⑥稼いだら、チップを払い戻す。

⑦現金化して、ネッテラーを介して、ATMで出金する。

ボーナスを受け取る場合は、プレースルーとして、換金に条件が付くこともあります。

大抵どこのオンラインカジノでも、ブラックジャックは、プレースルー対象外ですので、注意しましょう。

オンラインカジノで遊べるゲームについて

オンラインカジノでの代表的なゲームは、以下の通りです。

①ブラックジャック

②バカラ

③ポーカー

④スロット

⑤キノ

⑥クラップス

⑦ルーレット

また、カジノ以外にも、様々なギャンブルが行われています。

⑧マージャン

⑨スポーツベット

⑩バイナリーオプション

インターネット上でも、いわゆる賭けマージャンができます。

マージャンに自信のある方には、オススメです。

スポーツベット(スポーツブック)は、スポーツで、誰が勝って、誰が負けるかを予想して、お金を賭けるゲームのことです。

バイナリーオプションは、株価が上がるか下がるかを、予想してお金を賭けるゲームです。

ギャンブルの控除率と還元率について

カジノを含めて、ギャンブルには、控除率(テラ銭)と還元率というものがあります。

簡単に言うと、参加者がギャンブルに払ったお金の総額の内、ギャンブル運営者(胴元)のお金になるのが控除率(テラ銭)、 全体の参加者の利益として戻ってくるのが還元率です。

控除率と還元率の和は、必ず100%「控除率+還元率=100%(参加者の賭け金の総額)」になります。

つまり、賭けごとでは、運営者側が回収していくテラ銭の控除率がある限り、参加者全員の利益としては、損をすることになります。

そして、個人の参加者の規模で考えると、毎回の賭けで、テラ銭を上回るお金を確保しなければ、損をすることになります。

よって、控除率が低く、還元率が高いほど、ギャンブルでは儲かりやすいのです。

【代表的なギャンブルの控除率と還元率について】

控除率

還元率

宝くじ

54%

46%

競馬

25%

75%

パチンコ

20%

80%

オンラインカジノ

5%

95%

オンラインカジノが、他の賭けごとと比べて、圧倒的に控除率が低く、還元率が高いことが分かります。

これは、オンラインカジノの場合、土地代や人件費というものが、全くかからず、運営費が安いためです。

この5%と言う数字は、オンラインカジノの、平均の控除率です。

さらに、各ゲームごとに細かく控除率を割り出すと、以下のようになります。

軍鶏賭博

10%

アメリカンルーレット

5%

ブラックジャック

5%

スポーツブック

2%

クラップス

1%

ユーロピアンルーレット

1%

バカラ

1%

マ-ジャン

0%

また、ギャンブルに良くありがちな、徹底的に負けてしまい、お金を持って行かれてしまう、「回収モード」は、オンラインカジノには、存在しません。

不評で詐欺的なオンラインカジノになってしまうと、カジノ許可国からのライセンスを剥奪されるので、法的に許可されたカジノ運営ができなくなります。

ですので、オンラインカジノは、イメージダウンを、何よりも恐れます。

還元率の高さも、イメージダウンへの対策の1つと言えるでしょう。

オンラインカジノ参加者全体の利益が、90?105%の高還元率になるのは、間違いありません。

オンラインカジノで稼ぐコツについて

ブラックジャックについては、戦略や知識次第で、かなり還元率を上げることができます。

適当に行っている限りでは、控除率は5%ですが、ベーシックストラテジーを利用して、その通りに行えば、2%の控除率、カウンティングの手法を身に付けることで、 -5%の控除率・105%の還元率を実現することも可能です。

オンラインカジノで、効率良く稼ぐことを考えるならば、ブラックジャックで戦略を身に付けるのがオススメです。

また、ベッティングシステム(賭け方)についても、以下のようなものを知っておくことで、勝率を上げることができます。

【代表的なベッティングシステム】

①マーチンゲール法

②ベアビック法

③モンテカルロ法

④ココモ法

⑤パーレー法

⑥65パーセント法

⑦98.48パーセント法

⑧ウィナーズ投資法

⑨31システム法

オンラインカジノの選び方

オンラインカジノは、詐欺サイトも多いため、慎重に選んでいきましょう。

まずは、ライセンスの確認を行いましょう。

オンラインカジノのサイトに行けば、トップページで、政府からの許可を得ているかどうかを判別できます。

ライセンス用のマークや、ライセンスを与えた国の名前が見つかれば、比較的すぐに分かります。

eCOGORAという第三者機関のマークが掲載されていることも、そのオンラインカジノが健全かどうかの判断基準となります。

あとは、実際に、「オンラインカジノ」とYahoo!で検索して、オンラインカジノを紹介しているサイトを一通り眺めて、 共通に紹介されているオンラインカジノを抽出してみたり、そのオンラインカジノ名で検索したりすることで、オンラインカジノについての情報を得ていきましょう。

また、以下も参考にして下さい。

【代表的なオンラインカジノとそのライセンス国】

ベラジョンカジノ

マルタ共和国

インペリアルカジノ

ジブラルタル

ジャックポットシティカジノ

マルタ共和国

ウィリアムヒルカジノ

ジブラルタル

オムニカジノ

キュラソー

エベレストカジノ

ジブラルタル

スピンパレスカジノ

マルタ共和国

888カジノ

ジブラルタル

32レッドカジノ

ジブラルタル

ジャックポットシティー

マルタ共和国

インターカジノ

マルタ共和国

イギリスでは、オンラインカジノを法律レベルで認めており、政府も積極的に推進しています。

ですので、イギリス本国と、その息のかかっているジブラルタル、マルタ島、マン島の政府からライセンスのあるオンラインカジノは、 特に安心できると言って良いでしょう。

【オンラインカジノにライセンスを与えている、主な国】

①イギリス

②ジブラルタル

③マルタ共和国

④マン島

⑤オールダニー

⑥オーストラリア

⑦コスタリカ

⑧キュラソー

⑨ヤンフィリピン

⑩バヌアツ

⑪カナワキ

オススメのオンラインカジノについて

通常のカジノならば、ベラジョンカジノが一番オススメです。

スマートフォンにも、対応しています。

マージャンならば、DORAマージャンが鉄板で、スポーツベットならば、 ウィリアムヒル・スポーツ、バイナリーオプションならば、 トレンドオプションがオススメです。

その他、リアルタイムでディーラーと対決したいという方には、ライブカジノというものもあり、スマートライブカジノや、ユーログランドカジノなどがオススメです。

なお、前述しているように、オンラインカジノでは、未成年者の登録ができません。

また、IDは、一人につき、1つのみです。

法律的に、問題は無いのでしょうか?

オンラインカジノの歴史は古く、1995年から、存在しています。

それ以来、オンラインカジノでは、各国で様々な法規制が行われています。

オンラインカジノの運営は、許可している国と、そうでない国に分かれます。

許可している国には、イギリスがあり、規制のある国には、アメリカや日本があります。

ですので、現在、日本でオンラインカジノを運営することは、認められていません。

それでは、日本人が、自宅のパソコンから、海外のオンラインカジノをプレイする場合は、どうなのかと言うと、現在のところは、グレーゾーンと言われています。

とは言え、以下の条件をクリアしていれば、賭博罪は成立しません。

①オンラインカジノにカジノ許可国(マルタ島など)からのライセンスがある。

②オンラインカジノのサーバー(胴元)が、許可国に存在している。

③決済や換金は、海外のサービスを利用する(ネッテラー等を利用)。

この3つがしっかり守られているケースでは、日本人が、オンラインカジノによって逮捕されたことは、今まで一度もありません。

上の2点は、オンラインカジノのウェブサイトを見れば分かりますし、下の1つについては、後述の海外電子決済サービスである、 ネッテラーを利用すれば、解決します。

このような場合は、ラスベガスやマカオに、日本人がカジノを行いに行くのと同じことになり、正当性を主張できるわけです。

今後のオンラインカジノは、合法化に向かう

ランドカジノ(現実世界で経営しているカジノ)が、どんどん、カジノ独特の、危なくて暗いイメージを払拭し、明るいものに変わっており、 現在、世界は全体的に、カジノを合法化する動きを見せています。

アメリカも、過去に、一度は全面的に、オンラインカジノを禁止したものの、最近、ネバダ州、デラウェア州、ニュージャージー州で、 オンラインカジノの合法化が進みました。

これによって、次第に他の各州でも、合法化が進むでしょう。

今後、日本でも、パチンコと折り合いを付けながら、カジノが合法化される日は近いと言えます。

合法化された折には、日本でも、オンラインカジノを運営する会社が出現し、一気にオンラインカジノをプレイする人が増えると考えられます。

そういった意味でも、オンラインカジノで稼ぐなら、今と言えるでしょう。

海外電子決済サービス「ネッテラー」を開設しましょう

法規制されている現在では、オンラインカジノは、外貨をお金の単位とする海外サイトしかありません。

そして、日本人がカジノからお金を換金する場合も、法律上、海外のサイトで行う必要があります。

ですので、日本人がオンラインカジノにドルで入金したり、カジノで獲得した利益を、円で出金したりする際に、その仲介として、 海外電子決済サービスを利用する必要があります。

(オンラインカジノ ⇔ ネッテラー ⇔ ご自身の銀行口座・クレジットカード)

そこで、オススメなのが、ネッテラー(NETTELER)という海外電子決済サービスです。

他の海外電子決済サービスだと、お金のやり取りには、国際送金や小切手を利用するなど、日本人には馴染めないシステムだったり、言語も英語だったりします。

ネッテラーは、日本語に対応しており、かつ、お金のやり取りには、クレジットカードか銀行口座、郵便局を利用できるので、日本人には、非常にオススメです。

言語

換金手段

ネッテラー

日本語OK

クレジットカードや銀行口座でもOK

他のサービス

英語のみ

国際送金か小切手

海外サイトにクレジットカードを利用するのが不安という方もいますので、そうした場合も、銀行口座の登録だけで済む、ネッテラーはオススメです。

ネッテラーの口座開設は、成人(18歳以上)していて、かつ、以下のいずれかの身分証明書が用意できれば、誰でも無料で登録できます。

入会費や年会費は必要ありません。

①運転免許証

②パスポート

③顔写真の付いた住民基本台帳カード

④外国人登録証

⑤在留カード

専用のキャッシュカード(ネットプラスカード)を作成することで、出金の際には、ゆうちょ銀行やセブンイレブンなどの、 各コンビニのATMで出金することができます。

オンラインカジノで、アフィリエイトが可能です

専用のASPを利用することによって、オンラインカジノを、自サイトで紹介して稼げる、ゲーミングアフィリエイトという方法があります。

オンラインカジノのアフィリエイトは、継続型報酬を基本としており、ネットウィンモデルとレーキモデルに分かれます。

また、ネットウィンモデルの場合は、マイナス報酬額の繰り越しがあるかどうかも、重要になります。

①継続型報酬(ライフタイムコミッション)

通常のアフィリエイトでは、1回、報酬が紹介者に支払われたら、それっきりです。

しかし、オンラインカジノの場合は、紹介された方が、カジノゲームをワンプレイするごとに、紹介者の報酬が変化していきます。

これを、継続型報酬と呼びます。

②ネットウィンモデル(カジノモデル)

紹介された方が、ゲームに負けて、カジノ側に利益があった時に、紹介者に利益が発生します。

ですので、逆に、紹介された方が勝ち続けると、紹介者に報酬は発生しません。

報酬額は、紹介された方が、どれだけお金を賭け、どれだけカジノが儲けたかによります。

③マイナス報酬額

ご自身が紹介したプレイヤーが、勝利し続けると、そのカジノの不利益分が、紹介者の報酬にも、影響します。

そして、そのマイナス分を、紹介者の来月の報酬に繰り越すかどうかが、各オンラインカジノで定められています。

この時、それぞれ「マイナス報酬額の繰り越し有り・マイナス報酬額の繰り越し無し」という言い方をします。

繰り越し無しだと、過去のマイナス分はチャラになり、当月にご自身の紹介したプレイヤーが負け続けて、カジノに利益があった場合、 そのまま報酬が反映されます。

繰り越し有りの場合は、過去のマイナス分が反映され、当月に報酬があった場合は、その報酬から、過去のマイナス分が引かれてしまいます。

なお、これは、紹介された方が勝ち続け、カジノに不利益があった場合、その分のお金を紹介者が払わなければならない、というものではありません。

あくまで、報酬が0円になったり、マイナス分が、次回の利益と相殺されたりする、というものですので、紹介者がリスクを負うことはありません。

また、繰り越しがあるから、単純に不利、ということでもありません。

紹介するカジノのクオリティーが良ければ、繰り越し有りでも、相応に稼ぐことができます。

④レーキモデル

場所代が回収されるゲームでは、紹介したプレイヤーの勝敗に関係無く、プレイヤーが遊べば遊ぶ分だけ、紹介者に報酬が入ってきます。

レーキモデルだと、ネットウィンモデルのような、爆発的な報酬が発生しない分、マイナス報酬額のシステムも無いので、報酬が安定することが特徴です。

レーキモデルでは、素直に強いプレイヤーを、積極的に紹介できる、という点が嬉しいところです。

オススメのゲーミングアフィリエイトASPは、サムライクリックです。

日本語で説明されており、非常に使い勝手が良いです。

なお、通常のオンラインカジノのプレイ同様、ネッテラーの登録が必要になります。