Sample Company

ネットショップで稼ぐ方法

はじめに

この方法は、インターネット上でお店(ECサイト)を展開することで稼いでいく方法のことです。

正統的なネットショップはドロップシッピングとは区別され、以下のような違いがあります。

①コストがかかる

②商品は自分で仕入れる

③競争率が高く、忙しい

④運送会社や、クレジット決済代行会社との契約が必要

⑤ショッピングカートの準備が必要

⑥メールマガジンの配布が必要

ドロップシッピングとは違って、ネットショップは非常の人気のある分野なので、競争率が高いです。

忙しくなることも覚悟しなくてはいけません。

決済代行会社との契約は、クレジット決済の他に、NP後払いの決済を提供できるものが望ましいです。

ショッピングカートとは、Amazonや楽天といった有名なECサイトでもよく設置されている、買いたい商品をリストアップする機能のことです。

ショッピングカートを申し込む場合は、メルリッツECキューブなどがオススメです。

初心者がネットショップを運営する場合は、どうすれば良いのでしょうか?

ご覧のとおり、まともに全て自分でやろうとすると、自サイトの構築でHTMLやCSSなどの知識が必要になる他、商品の仕入れ、受注、販売まで行う必要があります。

初心者がネットショップを行う場合は、何かしらのサービスを利用した方が良いでしょう。

サービスを使ってネットショップを簡単に作る方法は、大きく2種類あります。

①ASPを利用する方法

ASP(アプリケーション・サービス・プロバイダ)を利用することで、HTMLやCSSを知らずとも、ネットショップを簡単に作成することができます。

低コストで、ネットショップを運営していきたい初心者の方にはオススメです。

なお、このASPは、アフィリエイト・サービス・プロバイダとは異なります。

くれぐれも混同しないようにしてください。

ASPはショップサーブメイクショップ がオススメです。

完全無料だと、FC2ショッピングモールがオススメです。

②モールを使う

普通ネットショップと言えば、この形式を指します。

Yahoo!ショッピング楽天市場Wowma!(ワウマ)等のモールで作ることができます。

モールを使うメリットとして、Yahoo!や楽天で行えるだけに、アクセス数は保証されます。

しかしその分、競争率が高くなりますので、目立つ必要があります。

さらに、初期費用や月額の使用料、売上の手数料など、コストが非常に高くなることも注意しましょう。

確実に売れる目算のある人でないかぎり、モールは使うべきではないと考えます。