Sample Company

情報商材アフィリエイトで稼ぐ方法

はじめに

情報商材アフィリエイトでは、ダウンロード販売、DVDメディア販売、有料メルマガ、ネットビジネス関連の塾などといった、 情報自体が価値を持つ商品(情報商材)を、自サイトやメルマガで紹介することで、お金を稼いでいきます。

【情報商材アフィリエイトの特徴】

①ネットビジネスの中でももっとも爆発的な収益を見込める、最強の手法。月収1,000万円以上を達成している人は、 大抵メルマガを使用した情報商材アフィリエイター。

②無形の有料情報を自サイトやメルマガで紹介し、その紹介報酬で稼ぎを得る。

③アフィリエイトする商品は単価が高い上に料率も高いので、1件成約されるだけでも高収入になる。

④情報商材のレビュー記事、情報商材に関連するまとめ記事で、ウェブサイト、メルマガの記事を作成していく。

⑤初期投資が必要なため、ネットビジネスの初心者には敷居が高い。(無料オファーのレビュー記事などで対処していく)

⑥情報商材系ASPであるインフォトップインフォカートは、サイト審査が不要。

A8.netなどの物販ASPのように、商品紹介リンクを所有サイトごとに変える必要はない。

⑧メルマガへの紹介リンクの掲載も可能。

情報商材アフィリエイトは、ありとあらゆるアフィリエイトの中でも爆発的に稼げる分野です。

だいたいネットビジネスで、年収1億円以上の天文学的報酬を達成している方は、この情報商材アフィリエイト(メルマガアフィリ)を行っている方達です。

売れる商品はどんどん変わっていくため、不労所得にはなりにくいという欠点もありますが、その欠点すら補えるほど、 成功した時には爆発的に稼ぐことができます。

情報商材アフィリエイトで稼ぐことは、アフィリエイターにとって最終ゴールとも言えるでしょう。

楽天などの低い料率の物販アフィリエイトと比べると、情報商材アフィリエイトの商品は1件5,000円以上の高値段、そして料率は20%を下らないため、 1件の商品を閲覧者に成約させるだけでも相当な利益になります。

ですのでひとつの情報商材に関するレビューを、メルマガ(メールによる登録読者への一斉記事配信)などで、何度も展開していく、 ということも珍しくありません。

報酬の受け取りは、ダウンロード販売やDVDメディア販売については、売上発生時の一回きりですが、メルマガや塾(セミナー)のオファーについては、 毎月の課金制となることが多いため、契約が続く限り、毎月アフィリエイト報酬を入手することができます。

良質な情報商材のみを紹介していく

情報商材アフィリエイトでは、もっぱらインフォトップ、インフォカートの2つのASPを使います。

この2つのASPは、扱う情報商材を健全なものに厳選していますが、審査はザルなことも多いです。

情報商材は怪しいものも多く、また閲覧者の主観によって大きくその価値が変化します。

ですので情報商材アフィリエイターには、良質な情報商材を選んで、自サイト・メルマガに掲載していく能力が問われます。

①その情報商材を買うことで得られるメリットは何か

②その情報商材がどんな人にオススメで、どんな人にオススメできないのか

こうしたものを詳細に書いていく能力が必要です。

これらの知識は、実際にその情報商材を買ってみたり、レビュー情報を集めたりすることで身につけていきます。

高額な情報商材を買う必要がでてくるため、情報商材系のアフィリエイトは、ネットビジネスのノウハウを理解していない初心者には、敷居が高いです。

【情報商材・メルマガアフィリエイトの弱点】

①レビュー記事を書くために、実際に高額の商材を買わないといけないため、初心者には困難

②良質なメルマガスタンドを使う必要があるため、月額3,000円以上の有料サービス(アスメル など)の使用を覚悟する

③特定電子メール法により、本名(事業名)と住所を公開することが義務づけられている

アフィリエイト初心者は、最初は別の種類のアフィリエイト(物販など)から取りかかり、知識や経験をつんで、安定した稼ぎを得られるようになってから、 情報商材のアフィリエイトに挑戦していく、というスタイルがオススメです。

ある程度稼げるようになれば、情報商材を買うお金も、確定申告時の経費(図書研究費)として、使用することができるようになります。

実質無料で、情報商材アフィリエイトを展開することができるわけです。

どうしても最初から情報商材アフィリエイトをやりたいという場合は、無料オファー(無料で利用できる情報商材)についてのレビューを書くことで、 記事を展開することもできます。

【無料オファーについて】

発行者

お金を払った上で、ブランディング・宣伝目的で公開

閲覧者

無料でダウンロードして商材を利用できる

紹介者

無料オファーを紹介すると、発行者から報酬がもらえる

無料オファーの商材は、閲覧者であれば無料で使うことができますし、アフィリエイター側でも、紹介するだけで報酬が得られるという優れものです。

情報商材アフィリエイトの基本的なやり方

①ウェブサイトを作成し、情報商材に関連性のあるテーマで各ページを構築する

②メールマガジンを発行し、情報商材の紹介リンクと共にレビューを掲載する

③無料レポートを使い、代理登録などのシステムでメルマガ読者を増やす

情報商材アフィリエイトで大きく稼ぎたい場合、ウェブサイト、メールマガジン、無料レポートの3点をうまく利用する必要がでてきます。

全くの初心者の場合は、まずはウェブサイトを構築しながら、情報商材に関連する知識を身につけていきます。

またSEOを意識して、アクセスのあるウェブサイトを作っていきます。

基本的なノウハウは物販のサイトアフィリエイトと同じです。

情報商材アフィリエイトにおいては、メールマガジンを使うことで、以下のようなメリットがあります。

【情報商材アフィリエイトにおけるメールマガジンの利点】

①サイトみたいにSEOに縛られた文章を作る必要はなく、自由に文章を作れる

②情報を発信したい時は、すぐに何度でも、登録読者全員に伝える事ができる

③メールによって読者との距離が近づき、ファンを集めやすい

メールマガジンは一度獲得した読者は二度と放さない、という特性を持っています。

ウェブサイトは受動的(プル型)、メールマガジンは能動的(プッシュ型)、と言われるように、メールマガジンを運営しておけば、 こちらから情報を配りたいときには、すぐに伝達させることができます。

またメルマガには、ステップメールと呼ばれる機能があります。

これは、あらかじめ何通かメールを作成しておき、自分で設定した周期で、順番に読者にメールを送信することができるシステムです。

メルマガの弱点として、通常の配信だと複数の記事を順番に読んでもらえない、絵や表など、視覚的な情報を掲載できない、ということがあります。

そうしたときは、このステップメールやウェブサイトなどを使って、補強していく訳です。

メルマガ読者の集め方は様々ですが、中でも一番オススメできる方法が、無料レポートを使って集める方法です。

メルマガスタンドでは、無料レポートスタンドで集めたリスト(読者のメールアドレス)を、そのままメルマガの登録にも使えるという、代理登録の機能があります。

またメルマガと無料レポートは、メルマガスタンドと、レポートスタンドを介して、連携しているものもあります。

その場合は、以下のようなことも可能になります。

①訪問者に自分の無料レポートをダウンロードしてもらうだけで、自動で訪問者を自分のメルマガに登録できる(自動登録)

②他の人の無料レポートを訪問者に紹介することで、協賛アドレスという形で訪問者を自分のメルマガに登録できる(協賛メルマガ制度)

無料レポートを使い、リストを集めてメルマガ読者を増やすというのが、情報商材アフィリエイトでは王道のメソッドとなっています。

商材のメリットや長所などに説得力を持たせるため、情報商材アフィリエイトはあらゆるアフィリエイトの中でも、特にブランディングが重要になります。

情報商材自体の怪しい雰囲気を払拭するため、読者との親しみやすいコミュニケーションが必須になってきますし、ファンを集めることも重要です。

無料レポート、メルマガ、ウェブサイトの3つをフルに使って、読者の信用を得ていきましょう。

情報商材アフィリエイトで稼ぐコツ一覧

①ウェブサイト、メルマガ、無料レポートの3つを連携させてブランディングをはかる

②全てを語らず、もったいぶった文体で訪問者を商材購入に誘致する

③記事内容はネットビジネス系のテーマで組んでいく

④自分にとっての聖書・教典となる商材を定めて、大々的に紹介する

⑤レビュー、まとめ記事、日記、マインドをバランスよく配信していく

⑥ひとつの商材を、視点を変えて何度もレビューする

⑦2ティア報酬は期待しない

①大きく稼ぎたいなら、全てを語ってはいけない

情報商材アフィリエイトでは、一番重要な文章技術です。

結果的にグーグルアドセンスの裏技的な稼ぎ方と、類似してしまいますが、情報商材アフィリエイトでは、「商材について完全には語ってはいけない」 という鉄則があります。

これはひとえに、情報商材が情報自体を有料としている商品であるためです。

有形の商品が対象となる場合は問題ありませんが、情報商材では全てを語ってしまうと、買い手がつかなくなります。

何より、発行者の著作権を侵害することにもなりますので、注意しましょう。

また情報商材そのものを買わせるためでなくとも、メルマガを主体に活動しているアフィリエイターは、ウェブサイト上で、 そうしたもったいぶった形式の文章を、書いている人が多いです。

本腰の情報は無料レポートやメルマガで記載しているため、そちらに誘致するよう、意図的に、肝心の情報が欠如した文章の書きかたをしています。

もちろん情報商材アフィリエイトは、知識がなくても稼げる、ということでは当然ありません。

ちらちらと知識をある程度ちりばめておくことで、読者の信用性を獲得しておく必要があります。

総じて情報商材アフィリエイトで大きく稼ぎたい場合は、もったいぶる形のレビュー記事を書いていく文章技量が求められる、というのがオーソドクスな見解です。

②情報商材系でもサイト運営オンリーで稼ぐ人がいる

上述の仕様より、訪問者側からすれば、情報商材に関連する情報を閲覧していると、ウェブサイトやメルマガ、PDFレポート等、 あらゆる媒体をたらいまわしにされることになり、不便に感じることが多くなります。

これはやはり、ユーザビリティ的には良いとは言えません。

ですので情報商材アフィリエイターの中には、ユーザビリティ重視のSEOを使ったサイトアフィリエイトだけで、物販アフィリエイトのように情報をまとめて、 稼いでいる人もいます。

一攫千金を狙うなら、やはり現状ではメルマガ主体の手法が一番です。

しかし長期的に見れば、メルマガ主体の方法とサイトオンリーの方法、どちらのほうが良い、ということは言えません。

自分の性分に合ったやり方で稼いでいくといいでしょう。

③テーマはネットビジネス系がオススメ

情報商材アフィリエイトは、ネットビジネス系列のテーマで攻めるのがオススメです。

例えばツイッターでフォロワーを集めるための、有料ツールを紹介するのであれば、ツイッターに関連した裏技まとめサイトを作成することで、 稼ぐことができます。

またサイト構築のためのSEOに関するホームページを作成すれば、そこからワードプレスのテンプレートなどの商材を売ることもできます。

特定テーマの情報まとめサイトを作るのが、一番安定していると言えるでしょう。

④自分にとっての聖書・教典となる商材を見つけておく

「これだ」と言えるような、自分が特にオススメする情報商材を見つけておきます。

情報商材アフィリエイトをしていると、自分にとっての「ネットビジネスの教典」のようなものがでてきます。

そうしたものは率先して紹介して、レビュー記事としてまとめていきましょう。

不労所得にしたい場合は、永続的に売れそうな商材を見込んで、ウェブサイトならサイドバーなどに、メルマガなら最下部などに仕込んでおきます。

代表的な商材をあげれば、アンリミテッドアフィリエイトや賢威がそうです。

これらもインフォトップでアフィリエイトリンクの形成ができます。

⑤いろんな種類の記事をバランスよく配信していく

時々マインド(ネットビジネスをやる上での動機部分に関する記事)ばかりを、掲載して情報商材系のアフィリエイトに挑んでいる人がいますが、 そんな記事ばかりでは当然稼げません。

もう何億円も稼いでしまっているカリスマアフィリエイターなら別ですが、稼げていない人がマインドの記事を書いたところで、説得力がありません。

稼げる人の記事のスタイルを初心者がそのまま真似ても、全く意味をなさない、ということは往々にしてあります。

初心者のうちは、あなたが心に響くと思った情報商材アフィリエイターの記事のみを、参考にしていくことが賢明です。

最初は堅実にレビューやまとめ記事など、専門分野の知識に携わる記事をたくさん書いていきます。

その道の知識を極めていくうちに、次第に自分なりのマインドというのも見えてきます。

それまでは、マインドに関する記事の公開は控えておきます。

また情報商材アフィリエイターの場合、他愛のない日記(テーマに関連する)や、自分のことを掲載することも、重要になってきます。

これは読者に、親近感を持ってもらうためです。

⑥ひとつの商材を視点を変えて何度もレビューする

初心者の場合、紹介している商材を毎回変えていく形式の記事よりも、同じ商材についてたくさんのレビュー記事を書いたほうが売れる、という現象があります。

それぞれの記事では、商材のメリットを1つにしぼりこんで書いていくと、読者の心に響きやすくなります。

また当然、商材を実際に実践してみての結果や、証拠画像などをそろえておくと、成約率がアップします。

⑦2ティア報酬は期待しない

インフォトップやインフォカートには、2ティアの制度があります。

これは訪問者があなたの紹介リンクを通して、インフォトップやインフォカートにアフィリエイター登録をした場合、 そのアフィリエイターが商品紹介で稼いだ金額の一部を、ボーナス報酬として受け取れる、という仕組みです。

しかしインフォトップ、インフォカート、それぞれ最低数値の2%、1%で、2ティア報酬をセットしているアフィリエイターが多いです。

ですので、情報商材ASPでの2ティア報酬は、あまり期待しません。

トップクラスで稼げている人でも、月間数万円程度という報酬です。

一般アフィリエイターは、純粋に通常のアフィリエイトで稼いでいきます。