Sample Company

情報商材で稼ぐ方法

はじめに

情報商材は、いわゆる新聞や書籍のインターネット版の情報のことを言います。

PDFや音楽、動画といったメディア形式で販売されます。

昔は、こうした情報商材で稼ぐということは、有名人や企業、そして一部のお金持ちだけにできるものでした。

しかし今はインターネットが普及したおかげで、自費出版のコストもなくなり、一個人でも簡単に情報商材を出版することができます。

インターネットでのお金の稼ぎ方から、競馬やパチンコの必勝法、異性にモテる方法まで、インターネット上では様々な情報商材が出ています。

魚の釣れる場所の紹介等、最近では趣味の分野も情報商材化されており、賑わいを見せています。

こうした情報商材を作ってノウハウを公開する人を、インフォプレナーと呼びます。

アフィリエイトと比べると、不労所得にはならないものの、そこまで手間もかけずに、稼ぐことができます。

というのは、誰もが例外なく、自分しか知らないハウツーの情報というものは持っているものなので、それを公開することで、単発で稼ぐことができるわけです。

しかしコンスタントに稼ぎたければ、やはりそのジャンルの経験と知識を、積み重ねていくことが大切になります。

インターネットでお金を稼ぐ方法のノウハウというものは、早い者勝ちです。

大抵、すぐに稼げる裏技の情報というものは、様々な人が実行していくうちに、裏技ではなくなってしまうからです。

ですので情報取材を作って稼いでいく場合は、常に最新情報をチェックしていく必要があります。

また、他の商材との差別化をはかるため、そして購入者を安心させるために、情報商材には特典やサポートを付けることが当たり前になっています。

なお、情報商材は、アフィリエイトで稼ぐ方法もあります。

月収1,000万円以上を稼ぐ人もおり、実質的にネットビジネスで最も稼ぎやすい方法となっています。

情報商材で稼ぐ方法

情報商材では、以下の方法で稼いでいくことができます。

①インフォトップ・インフォカート等ASPを使う

②ホームページ・ブログを使う

③ヤフオクを利用する

④メルマガを配信する

⑤SNSを構築する

基本的に、初心者の方は、情報商材で稼いでいこうとする場合、ASPを利用しましょう。

情報商材で稼いでいく場合、カードによる決済機能が必要になります。

それを個人で取り入れようとすると、非常に困難な作業になるためです。

情報商材系のASPでは、カード決済を代行してくれるので、何かと楽です。

また、ASPを介せば、無名の方でも、気軽にご自身の商材を紹介できますので、ブログやホームページが無い方も、重宝すると思います。

情報商材系でオススメのASPは、インフォトップインフォカートです。

情報商材の販売で稼いでいこうとするなら、この2つを登録しておけばよいでしょう。

これら情報商材を中心に扱うASPでも、購入者登録(ダウンロード会員登録)、アフィリエイター登録、そして販売者登録 (アップロード会員登録)の3つは、別々に行いましょう。

それぞれ登録の種類によって条件が異なります。

例えばインフォカートの場合、販売者登録をする際には、 クレジットカードが必要なので注意しましょう。

なお、この2つのASPは、他の物販系ASPのように、自サイトを登録する必要はありません。

サイトごとに、違う紹介リンクを使う必要がないことも特徴です。

ASP以外の方法で情報商材を使って稼ぐとなると、Yahoo!オークション (利用には有料のYahoo!プレミアム登録が必須)の、情報カテゴリや、メールマガジンを利用するという手段があります。

しかし、オークションは詐欺商材が多いため、初心者が出品してもあまり相手にされません。

ある程度知名度が上がってから利用することをオススメします。

メルマガについても似たことが言え、有料メールマガジンを発刊するなら、まずは無料メルマガやブログ等で集客しておくことが前提です。

規模を大きく考えれば、SNSを自分で運営して情報商材ビジネスを展開することもできます。

SNSを作るなら、最初はFC2SNSがオススメです。

その他OpenPNEや、クレジット決済契約のために ペイパル等を利用しましょう。

なお、情報商材の販売では、特定商取引法を守る必要があります。

情報商材を買う場合の注意

こうした情報商材を買う側になる場合は、詐欺に注意しないといけません。

情報商材は中身を見るまでは分かりません。

ですので、「高価なものを買わされたのに、たいした中身もなくて騙された」と、泣き寝入りする人が少なくありません。

実際に、中身のない詐欺まがいの情報商材というのは、たくさん出回っています。

情報商材を買おうとする人は、そうした詐欺の商品を分別するだけの、目利きを養っておく必要があります。

情報商材が詐欺かどうかはYahoo!Googleなどで、「情報商材の名前」、「評判」、「詐欺」といったフレーズを、 一緒に組み合わせて検索することで、調べましょう。

情報商材を購入する場合は、ある程度はお金をドブに捨てる覚悟でいた方が良いと思います。

これは中身が詐欺でなかったとしても、古い情報だったり、既に有効性のない手法だったりするためです。

基本的に情報商材を使用して、ノウハウを研究したいという初心者の人は、無料の情報商材で勉強していきましょう。

無料のものであればinfo-zero等で、メールアドレスと名前を記入するだけで獲得できるものが多いです。

無料の情報商材を集めるだけでも、インターネットでのお金稼ぎの現状を、十分に研究できます。