Sample Company

ドロップシッピングで稼ぐ方法

はじめに

ドロップシッピングは簡単に言ってしまえば、商品販売の代行です。

よく、アフィリエイトと物販の中間の商法と言われています。

ドロップシッピングでは、以下のような手順で稼いでいきます。

①契約した会社の商品を自分のサイト(主にはネットショップ)で紹介する

②お客様から購入があった時に、報酬を受け取る

③報酬から卸値を会社に払い、残った差額が報酬になる

ドロップシッピングを行うには、ネットショップ形式の自サイトを持つ必要があります。

これはブログでも可能です。

またDSP(ドロップシッピング・サービス・プロバイダ)に登録したり、Yahoo!オークション (利用には有料のYahoo!プレミアム登録が必須)を、利用することもあります。

ドロップシッピングの特徴

①リスク無くネットショップを運営できる

②在庫が余って損する心配がない

③商品の値段を自由に設定できる

④DSPを使えばアフィリエイトとほぼ同感覚

⑤アフィリエイトと比較して扱える商品が多い

⑥自分で商品を作って販売することができる

現実世界の店がやっている物販であれば、店が会社の商品を仕入れて、一旦商品を店の物にしてから、その商品をお客さんに販売します。

しかしドロップシッピングでは、そうした商品の仕入れは不要です。

商品を購入するお客様が現れることで、メーカーから自動的に、お客様に商品が送付されます。

現実の物販なら商品を仕入れた後に、売れ残って損をすることがありますが、ドロップシッピングでは、そうした損がないわけです。

それがドロップシッピングの大きな特徴でしょう。

またアフィリエイトと比べると、ASPや広告会社などが存在せず、サイト所有者とメーカーの間の卸売の仲介が省かれるために、利益が高くなることも特徴です。

もちろんその分、まともにやろうとすれば手間がかかります。

ですが、報酬の一部を譲渡する条件で、サービスプロバイダを使ってしまえば、実質アフィリエイトと行っていることは、ほとんど同じになります。

アフィリエイトにあたるASPが、ドロップシッピングにもDSPという形で存在しています。

DSPを使うことで、自分の本名を公開せずにすんだり、自サイトのネットショップ構築も簡単になったりします。

DSPはASP同様、登録は無料です。

また自分自身もメーカーとなり、DSPに依頼してオリジナル商品を販売することもできます。

もっぱらこちらの方法は、デザイナー志望向けになります。

リスクがない点から、ドロップシッピングはネットショップを行いたい、初心者向けと言えます。

競争率が低いので、自サイトをビッグワードで、検索エンジンに食いこませることも可能でしょう。

ドロップシッピングで稼ぐコツ

アフィリエイト同様、自サイトで扱う記事のテーマは絞りましょう。

専門性に特化されたサイトほど、稼ぎが良くなります。

また自サイトでネットショップを運営する場合、

アクセスアップが要になります。

信頼度をあげるための通常の記事アップも充実させましょう。

Yahoo!オークションを使うことで、アクセスアップを図ることもできます。

オリジナル商品で稼ごうとするのであれば、ファンを作ることも大切です。

オススメのDSPは、もしもドロップシッピングです。

基本的にドロップシッピングは、ここに登録しておけば良いでしょう。

オリジナル商品だと、ClubTSKIYAKI GOODSといったDSPもあります。