Sample Company

データ入力で稼ぐ方法

はじめに

「データ入力」は、在宅ワークとしては、最も一般的な稼ぎ方です。

特に、スキルや資格が無くても、実施することが可能です。

「データ入力」は、ブランドタッチでキーボード入力できる方には、大変オススメです。

昔からあるような、手作業の内職よりも、確実に稼げます。

1時間に7,500文字打てるとして、1日に6時間ずつ実施すれば、確実に1ヶ月25万円を超えます。

データ入力は、アフィリエイトとは、対極の稼ぎ方と言っても過言ではないでしょう。

不労所得にはなりませんが、インターネット上で堅実に稼ぎたい、すぐにお金が欲しい、という方にはオススメです。

文字の単純入力なので、パソコン初心者でも、大丈夫です。

最初は時間がかかるかもしれませんが、慣れてくれば、文字入力の速度が上がり、効率も上がります。

タイピングが速くなったら、引き受ける仕事の量を増やしていきましょう。

最終的には、ブランドタッチでキーボード入力できることを目指しましょう。

慣れている方だと、1時間に1万文字以上入力される方もいらっしゃいます。

そのレベルに達すれば、企業で働いて行うデータ入力よりも、在宅ワークの方が、2倍以上効率良く稼ぐことができます。

また、データ入力で稼いでいく際には、当然スキルや資格があるに越したことはありません。

英語、中国語、韓国語といった、外国語が得意な方や、プログラミング言語に精通している方専用のデータ入力依頼等は、当然、給与が高くなってきます。

なお、中高生が実施できるデータ入力の仕事は、少ないようです。

以下は、データ入力で打ち込む内容の主な例です。

①名簿・名刺

②商品管理票

③経理伝票

④アンケートの質問回答

⑤販売カタログ

⑥本・論文

⑦企業情報

⑧会計決算

⑨原稿作成

⑩レビュー

データ入力で、稼ぐ手順について

①ビジネスマッチングサイト(クラウドワークス、ランサーズ等)に登録する。

②データ入力の依頼を引き受ける。

③データ入力作業を行う。

④終わったら、データを依頼者へ送付する。

⑤登録した口座に、給与が入金される。

データ入力で、稼ぐコツについて

①しっかりしたブランドタッチを身に付ける。

②誤字脱字に注意する。

③検索エンジンを使用して、調べる癖を付ける。

④長時間実施する場合は、適度に休憩を取る。

データ入力は、「ブラインドタッチ」、その一言に尽きます。

とにかくスピード勝負なので、練習あるのみです。

ここで、注意してほしいのですが、既にある程度キーボードは速く入力できるけれども、それは正しいタイピングのやり方ではなく、 独自のタイピング、という方が結構多いのです。

従来の癖を捨てて、正しいブラインドタッチに矯正するというのは、思いのほか困難なことです。

まだ、キーボードに慣れていない初心者の方の方が、正しいブラインドタッチの習熟は早いと言っても過言ではないでしょう。

データ入力で稼いでいくならば、独自のタイピングの癖が付いている方は、ブラインドタッチの練習用サイト等で、少しずつ矯正していくことを オススメします。

また、誤字脱字にも、気を付けましょう。

誤字脱字があると、信用も無くなり、今後、依頼される仕事も、少なくなっていきます。

誤字の修正機能を備えたツール等をダウンロードしておくと、作業がスムーズになります。

また、データ入力の内容によっては、調べものをする必要が出てきます。

インターネット検索を面倒臭がらずに、習慣化することが大事です。

後は、目を非常に酷使する仕事ですので、目薬を使用したり、適度に休憩を取るなど、工夫しましょう。

特殊なデータ入力について

データ入力の中でも、「テープ起こし」と呼ばれる仕事は、有名です。

これは、収録されている音声を聞いて、文字にして、データ化するという仕事です。

当然、単純なデータ入力よりも報酬は良く、1時間の収録依頼だと、5,000円~1万円程度にはなります。

翻訳等の専門知識が必要な依頼だと、1つにつき、10万円というものもあります。

テープ起こしの仕事を貰うためには、大抵、事前に文章能力を試す試験を受けさせられることが多いです。

また、電話で相手と応対しながら、相手の情報を入力するという仕事もあり、これもまた、普通のデータ入力よりも、給与が高くなります。