Sample Company

カード・口座作成で稼ぐ方法

はじめに

この方法は、ポイントサイトで最も稼げる方法である以前に、インターネットでお金を稼ぐ方法の中でも、 最高水準で儲かる、裏技的な稼ぎ方の1つです。

カード作成や、口座作成は、無料でできる案件だけ取りかかっていっても、かなり儲けることができます。

カードとは、いわゆるクレジットカードやローンカードといった、お金のやり取り(買い物・融資)に使うカードのことです。

また、口座とは、インターネットバンキング口座、FX口座、証券口座と言った、貯金や融資、資産運用に関わる口座のことです。

これらをポイントサイトで作成することで、大量のポイントを稼ぐことができます。

モッピーポイントタウン といった各ポイントサイトに、カードや口座を作成するための案件がありますので、そこから作成していきます。

また、ASPなどでも、自己アフィリエイトという形で、ご自身でカード、口座を作成することで、儲けることができます。

ポイントサイトで稼いだポイントは、現金化できる他に、飛行機にタダ乗りできるポイント「ANAマイル」にも、交換できます。

マイルを使用すれば、値段の高い飛行機の座席を、かなり安く確保できます。

そのため、旅行好きの方にも、このポイントサイトで一番稼げる、カード・口座作成の金融系案件は、とても好まれています。

短期間で10~30万円稼げます

1つカードや口座を作成するたびに、平均で5,000円を稼ぐことができます。

有名なポイントサイトで、一気にまとめて複数のカード、口座を作成していけば、短期間の即金で、10~30万円ほどを稼ぐことが可能です。

カードや口座は、1種類につき、1つしか作れないため、単発の稼ぎ方ですが、初心者でも可能な、一攫千金の方法です。

一気に稼ぎたい方は、ぜひやってみましょう。

なお、条件として、高校生以下の方には、実施しづらい稼ぎ方であることに、注意しましょう。

高校生以下の場合、一部のインターネットバンキングの口座や、証券口座の案件だけ、取りかかることが可能です。

カード・口座作成に必要な物

カード・口座を作成するにあたって、必要な物は、以下の7点です。

①メールアドレス

②銀行口座(入金用と、紐付け用)

③身分証明書(健康保険証、運転免許証など)のコピー、もしくはデータ写真

④印鑑

⑤所得証明(源泉徴収票、確定申告書、課税証明書など)のコピー、もしくはデータ写真

⑥資金(入金、取引、キャッシング、ショッピング、年会費の支払いなどが条件の案件に使用)

メールアドレスが必要になるのは、言うまでもありません。

銀行口座は、単純にポイント換金したお金を入金するだけの、ネットバンク口座だけを準備すれば良い訳ではありません。

それとは別に、作成した証券口座、FX口座、クレジットカード、ローンカードと紐付けるための銀行口座として、三菱東京UFJ銀行、 三井住友銀行、みずほ銀行といった、メガバンクの口座を、最低1つは準備しておきましょう。

身分証明書(コピー)も、どのカード、口座案件でも必要になりますので、準備しておきましょう。

これは、お子様でも、健康保険証のコピーで大丈夫です。

なお、カード、口座の申し込みページで、身分証明書の画像を添付できる場合は、身分証明書のデータ写真を撮影して、 それを送信することになります。

この場合は、身分証明書のコピーではなく、スマートフォン、デジタルカメラ、スキャナーで撮影した、身分証明書のデータ写真が必要になります。

その他、最近は、証券口座、FX口座に限り、マイナンバーカード(通知カード)が必要になることもあります。

印鑑は、インターネット上だけでカード、口座の申し込みが完結する場合は、不要な時もありますが、基本的に、 どのカード、口座案件でも、準備しておきましょう。

高い印鑑を購入する必要はありません。

100円の印鑑で大丈夫です。

所得証明のコピーは、クレジットカードや、ローンカードの作成で、使用することがあります。

所得証明自体は、役所で、300円程度で発行してもらえます。

なお、所得証明につきましては、仕事を持っている人しか、発行できません。

所得証明を必要とする、カード作成系の案件は、基本的に、小中学生には取りかかれませんので、ご注意下さい。

本格的にカード作成で稼いでいきたい大人の方は、確実に用意しておきましょう。

資金というのは、FX口座や証券口座だと、「口座開設後に、入金や取り引きをすることで、ポイント付与」という条件の案件がありますので、 その際に必要になります。

FX口座だと、基本的に、10万円の証拠金が前提になることが多いです。

ポイント入手後、そのお金は、口座から取り出しても、問題ありません。

これは、準備できない方もいらっしゃるでしょうし、無理のない範囲で実施しましょう。

また、クレジットカードや、ローンカードでも、年会費のかかるカードが混じっていたり、カード作成後のカード利用 (ショッピング、キャッシングなど)が、ポイント獲得条件になっていることがあります。

これらのカードも作成するならば、資金が必要になります。

証券口座、FX口座は、投資の取り引き終了後、残金を出しても大丈夫です。

投資で損失が出た時以外に、かかる費用はありません。

ローンカードも、キャッシング(ATMでの借金サービス)で、借りたお金をすぐに返済すれば、完全に費用はありません。

クレジットカードで、ショッピング利用がポイント獲得条件だったり、年会費がかかる場合のみ、費用がかかることを、覚えておきましょう。

銀行口座(ネットバンク口座)作成の特徴、コツ

①必ず必要になるのは、身分証明書のコピーです。

②印鑑が、時々必要になります。

③小学生、中学生でも可能なものが多いです。

銀行口座は、身分証明書のコピーだけで、作成できることが、多いです。

印鑑は、たまに必要になります。

基本的に、カード、口座作成によるお金稼ぎは、大人向けですが、この方法ならば、小学生、中学生の子供でも、 実施できるものが、かなりあります。

例えば、楽天銀行は、年齢制限が無く、 小学生以下でも作成できる、銀行口座です。

ジャパンネット銀行や、 住信SBIネット銀行も、15歳以上ならば、口座を作成することができます。

各案件の年齢制限を、良く確認しましょう。

意外に、作成できる口座が多いことが、分かると思います。

注意点として、ポイントサイトに載っている案件は、基本的にネットバンク口座が中心です。

ポイントサイトの広告案件には無い、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行などの普通の銀行の口座ん作成して、ポイントを稼ぐ、 ということはできませんので、気をつけましょう。

証券口座、FX口座作成の特徴、コツ

①準備するものは、身分証明書、マイナンバーカード、印鑑です。

②口座作成だけで、ポイント獲得となる案件と、資金・取り引きが必要な案件で、半分ずつぐらいです。

③仕事の有無より、資金を準備できるかが、審査基準となります。

④FX口座は、20歳以上の方しか開設できません。

⑤証券口座は、子供でも、開設できるものがあります。

証券口座は、資産運用、投資を行う際に、利用します。

最近は、インターネット上で取り引きが完結する、ネット証券が人気で、ポイントサイトでも、このネット証券口座の案件が多いです。

FX口座は、資産運用の中でも、FXと呼ばれる外貨取り引きを行う時に、使用する口座です。

証券口座、FX口座を開設する場合、2010年代後半から、身分証明書や、印鑑以外にも、マイナンバーカード(通知カード)が必要となりました。

必要書類を、郵送で送付する場合には、そのコピーを、インターネット上の申し込みで画像添付する場合は、そのデータ写真を、スマートフォン、 デジタルカメラ、スキャナーなどで準備しましょう。

また、案件によっては、ある程度の資金を準備する必要があります。

証券・FX系の案件では、「口座を開設するだけで、ポイント獲得」という案件と、「口座開設後に、取り引きや入金を行うことで、 ポイント獲得」という案件が、ほぼ半分ずつです。

例えば、FX口座の「SBI FXトレード」は、口座開設だけではダメで、 FX口座への1万円以上の入金と、1回以上の取り引きが無いと、ポイントを獲得することができません。

なお、ポイント獲得後は、お金を出金しても大丈夫です。

こうした背景から、元手として、10~20万円程度のお金があると、証券・FX系でのポイント獲得が行いやすいです。

お金を準備できない方は、初めは、「口座開設だけでポイント獲得」という案件のみ、実施すると良いでしょう。

ちなみに、「SBI FXトレード」の場合は、適当な取り引きを実施するだけでも、 ポイント獲得条件を満足するので、例えば、1万円を入金後、米ドルを、1ドル(およそ100円)分、適当に取り引きして、すぐに決済するだけでも、大丈夫です。

この場合、よほど為替レートが推移しない限り、損しても、1~2円程度になります。

投資の知識が無くても、問題なく、ポイントを獲得できます。

ポイントサイトで、ポイント反映後、為替差損益で1~2円程度変化のあった、入金中の1万円は、パッと出金すれば良いわけです。

それで、1万円以上のポイントが獲得できるので、十分、割が良いと言えると思います。

【証券・FX口座案件のオススメ例】

(1) 証券口座

SBI証券

楽天証券

マネックス証券

カブドットコム証券

ライブスター証券

松井証券

(2) FX口座

SBI FXトレード

マネーパートナーズ

DMM FX

証券口座、FX口座は、クレジットカードのように、厳重な審査もありませんし、年会費のかかるものも無いので、どんどん作成していきましょう。

このお金稼ぎの方法は、クレジットカードや、ローンカード作成のように、仕事をしているかどうかは、あまり影響しません。

大学生や主婦、また無職の方であっても、資金さえあれば、稼ぐことができる方法です。

多くの口座開設案件では、年齢制限が有り、ポイント獲得条件として、入金や取り引きを要求するものもあるため、大人向けの稼ぎ方と言えます。

実際、FX口座は、20歳未満では、開設できず、完全に大人向けです。

ただし、証券口座では、SBI証券マネックス証券松井証券ライブスター証券といった証券会社が、例外的に、未成年の口座開設を認めています。

子供の口座開設の条件は、以下の通りです。

①親権者が、その会社の証券口座を開設していること。

②親権者の許可があること。

③住民票を準備すること。

面倒が苦にならないお子様は、親と相談して、証券口座の開設もされてみると良いでしょう。

クレジットカード、ローンカード作成の特徴、コツ

①準備するものは、身分証明、所得証明、印鑑の3つです。

②クレジットカードは18歳以上、ローンカードは、20歳以上で作成できます。

③仕事に就いている大人であれば、誰でも実施できるので、社会人には手頃な副業となっています。

④主婦や大学生が作成される場合は、年会費無料のカードを狙うのが、オススメです。

⑤資金の有無より、職業に就いているかどうかが、審査基準となります。

⑥クレジットカードは、作成だけで、ポイント獲得となる案件が多いです。

⑦ローンカードは、キャッシング成約を必要とする案件が多いです。

⑧クレジットカードのみ、年会費が有料のものがあります。

⑨審査がありますので、審査に合格できず、ポイントを獲得できないこともあります。

⑩完全に無料で稼ぎたい場合は、年会費が無料で、かつカード作成だけでポイントを獲得できる案件のみを実施しましょう。

クレジットカードは、買い物や毎月の固定費の支払いをスムーズにしたり、様々な節約効果や、優待・特典があります。

ローンカードは、カードローンと呼ばれる、ATMでの借金に利用でき、現代人が借金する手段としては、最も一般的だと思います。

カードの作成は、証券口座やFX口座のように、貯金、資金の有り無しは、審査にはあまり影響しません。

職業に就いているかどうか、安定した収入があるかどうかで、ポイントの稼ぎが左右されます。

すなわち、仕事をしっかり持った社会人であれば、誰でも実施できる稼ぎ方であるため、社会人の副業には、お手頃です。

ただ、クレジットカードは、18歳以上、ローンカードは、20歳以上でないと、作成できないため、高校生以下は、この稼ぎ方は、実施できません。

身分証明が、確実に必要になります。

その他、クレジットカードやローンカードのキャッシング(借金)利用を付ける場合は、収入証明が必要になることもあります。

収入証明を準備する手間を省きたいなら、なるべくキャッシング利用額は低く設定して、カードを作成していきましょう。

収入証明を使用する可能性があるため、基本的には、収入の安定した、社会人向けのお金稼ぎの方法です。

大学生や主婦でも、扶養者の収入次第では、作成することが可能ですが、アメックスや、ダイナースといった年会費有料の高級クレジットカードの作成は、 難しいかもしれません。

大学生や、主婦の方々が、この稼ぎ方を実施される場合は、クレジットカードであれば、まずは、 楽天カードや、 エポスカードYahoo!JAPANカードといった、審査難易度の低い、年会費無料のカードがオススメです。

クレジットカードは、ただカードを作成するだけで、ポイント獲得、という案件が多いのに対し、ローンカードでは、ATMでお金を借りる、 キャッシングの成約を条件とする案件もあります。

ローンカードについては、特に成約などの目的が無い場合は、「カード作成だけで、ポイントを獲得できる」という案件に限って、行っていくと良いでしょう。

ローンカードの場合、初心者の方であれば、プロミス、アイフル、アコムといった案件が、オススメです。

これらのローンカード案件は、成約不要で、カードを作成するだけで、ポイント獲得となります。

レイクは、キャッシング利用が無いと、ポイント獲得できません。

以下は、ポイントサイト経由作成で、初心者にオススメの、年会費無料カードの例です。

【クレジットカード】

楽天カード

エポスカード

Yahoo!JAPANカード

セディナカード

リクルートカード

レックスカードライト

P-one Wiz

オリコカード・ザ・ポイント

ライフカード

ACマスターカード

JCBカードEXTAGE

【ローンカード】

プロミス

アイフル

アコム

フクホー

それぞれ、カード名をポイントサイト内で検索すると、案件が出て来ますので、そこから作成されるのが、オススメです。

クレジットカードは、年会費が有料のものが多いため、気をつけましょう。

一方、ローンカードは、年会費が無料のものが多いです。

初心者の方は、年会費無料のカードに絞って作成されることを、オススメします。

年会費有料のクレジットカード案件であれば、獲得できるポイントは、多くなります。

クレジットカードの知識が付いて、特定の、年会費有料クレジットカードを作成される機会があれば、お金を稼げる分、 ポイントサイト経由で作成されるのがお得です。

「口座、カード作成」の中でも、クレジットカード作成の案件は、一番稼ぐことができます。

しかし、低収入の方や、「クレヒス」と呼ばれる、信用情報の無い方が、いきなり、一気に複数のクレジットカードを作成しようとされると、 無条件に審査から落とされることがありますので、気をつけましょう。

不安な方は、カードの作成は、月に2回(2枚)程度に抑えておきましょう。

「クレヒス」があれば、アメックスであれ、ダイナースであれ、高級クレジットカードを含めて、複数のクレジットカードを一気に作成できます。

ポイントサイトを経由して、これらのカードを一気に作成すれば、莫大なポイントを稼ぐことが可能です。

カード、口座作成でお金を稼ぐ方法について

①ポイントサイト(モッピー など)の「カード・口座案件」をクリックします。

②インターネット上の、カード・口座の各サイトで、個人情報を入力します。

③家まで送付されてきた書類に、必要事項を記載します。

④書類を、身分証明、所得証明、マイナンバーカードのコピーと一緒に封入します。

⑤封入した封筒を、ポストに投函すれば、カード、口座作成完了です。

⑥必要に応じて、入金や取り引き、成約を行いましょう。

⑦ポイント獲得です。

この作業を、複数、一気に実施しましょう。

身分証明や所得証明のコピーは、あらかじめ、多数準備しておきましょう。

また、ポイントサイトでは、カテゴリー区分を利用して、カード・口座の案件だけを表示していくと、作業がはかどります。

カード・口座作成についての注意事項

①ポイント獲得条件を良く読んで、それに従って、作業していきましょう。

②ポイントサイトのリンクから、広告主のページへ飛んだ上で、作業していきましょう。

基本的なことですが、非常に多額のポイントを一気に稼ぐ訳なので、この2点は、注意しておきましょう。

SBI FXトレードであれば、ポイント獲得条件は、 「口座開設後、90日以内に1万円以上を、SBI FXトレードに入金、1回以上の取り引き」です。

ポイントが加算されるまでには、時間がかかります。

作業を終えて、カード・口座作成してから、ポイント加算までに、1ヶ月かかることは、良くあります。

気長に待ちましょう。

ポイントが加算されたら、なるべく早く、ポイントをご自身の銀行口座で現金化することも、忘れずに実施しましょう。

ポイントリセット機能があるような、ポイントサイトだと、大量のポイントを、長期間放置しておくのは危険です。

また、キャンペーン期間中に案件を実施する、というのも、カード・口座作成のコツです。

例えば、楽天カードは、キャンペーン時に作成すると、一気に1万円以上のポイントを獲得できます。

カード・口座作成で、オススメのポイントサイトについて

1位:モッピー

2位:ポイントタウン

3位:げん玉

4位:ゲットマネー

5位:ちょびリッチ

6位:ハピタス

カード・口座作成だと、オススメのポイントサイトは、「モッピー」か 「ポイントタウン」の2択です。

モッピーポイントタウンげん玉ハピタスは、 どれも主要なポイントサイトなので、カード・口座作成案件の数は、いずれも豊富です。

ただし、最近、これらの主要ポイントサイトでは、換金制限が強化されています。

【主要ポイントサイトの換金制限】

モッピーポイントタウン:無制限

げん玉:月31万円まで(1日1万円まで)

ハピタス:月3万円まで

せっかくカード・口座を大量に作成して、ポイントを稼いでも、「げん玉」、 「ハピタス」では、一気に現金化することができません。

前述の通り、大量のポイントを、長い間現金化せずに、ポイントのまま持っておくことは、危険です。

現在のところ、「モッピー」と 「ポイントタウン」だけは、主要ポイントサイトとしては、換金制限がありません。

モッピー」、「ポイントタウン」では、 いくら稼いでも、一気にポイントを現金化できますから、カード・口座作成で一攫千金を狙うなら、まずはこの2つを利用しましょう。

とりあえず、最初は、「モッピー」、 「ポイントタウン」のカード・口座作成を一通り実施してしまい、 この2つには無いカード・口座案件については、「げん玉」、 「ハピタス」で実施していく、という方針がオススメです。

なお、「ゲットマネー」も、換金制限がありませんが、2016年2月以降、全体的に、 ポイント還元率が悪くなっています。